引用元:嫁のメシがまずい185皿目

543: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 15:52:39.53
なぁ 
俺らの嫁って優秀な錬金術師だよな 

一般人には、何故これが出来るんだーって代物を 
さらりと出してくる。 

ある意味スゲーなー・・・・





545: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 16:04:15.43
>>543
騙されるな!錬金術って「いい物」ができる術のことなんだぞ?

548: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 16:16:45.20
>>545
だが待って欲しい

錬金術とは 成功しないものの代表格ではなかろうか

544: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 15:54:15.22
スゲエんだけど なぜ涙が出るんだろな

546: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 16:06:06.85
ミダス王の手、とも思ったが、生み出す物に黄金の価値がないか。

565: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 21:36:55.99
>>546
「ミダス王の手」が何か知らないが、「猿の手」ならどうだろう?

何か足りないな→「辛くなぁれ」(ハバネロ種ごと)→劇辛!
       →「甘くなぁれ」(砂糖大量)→ゲロマズ
       →「おいしくなぁれ」(手当たり次第)→くぁwせdrftgyふじこ

566: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 21:49:00.67
>>565
「ミスダ王の手」って、飯だろうが娘だろうが、触ったものがことごとく黄金になる奴じゃね?

どっちかってーと毒手の様な・・・・・・それも違うか。結果は似てるが。

547: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 16:07:32.47
夫の涙の塩分を足すところまでが嫁の錬成物だったりしてなΨ(`∀´)Ψケケケ

567: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 21:49:27.10
ミダス王は最高の権力を誇ったとても強欲な王様でした。
あるとき、ぶどう酒の神が酔っ払ってるところを介抱したミダス王は
お礼に何か一つ願いをかなえてやろうといわれ、自分が触れるものを
すべて黄金に変えるようにと願った。
そして、テーブルや立ち木や周囲のありとあらゆるものを黄金にして
きんきらきんに囲まれて悦に入った。だが最愛の自分の娘が黄金の塊
に変わってしまったとき自分のおろかさを悟るのであった。
(自分の鼻をかこうとして自分自身が金の彫像にかわったバージョンもある)

568: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 21:52:47.43
ちなみに、食べようとするものがすべて黄金にかわってしまうため飢えさらばえて
元の身体に戻してくれとぶどう酒の神に祈り、川の水を黄金に変えながら行水することで
元の身体に戻れたものの愚かしさは変わらずそのあとも愚行を繰り返すというのが元のバージョン

570: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/15(木) 22:06:42.92
ミダス王の手、解説ありがとう。これも含蓄あるな、強欲は全てを失うと。

ところで「猿の手」だが、いま思い出した。
この世ならぬ者(亡くなった息子)を甦らせようと両親は願ったが
3つ目の願いで、前の願いをなかったことにしたんだった。

嫁のメシは、元に戻せないな・・・orz