305: 名無しさん@HOME 2010/02/28(日) 23:13:15 0
「ぼたもち作らなきゃいけんからね、19日の夜には来ると?」 
「ご先祖さん、首長くして待ちよるとよ」 
今朝の5時40分にトメからの電話。 
日曜日だよ。雨ってこともあったけど外真っ暗だよ。 
休日はせめて10時過ぎに電話してきてくださいって言ったの忘れたか? 
まぁその時は、「おなごが10時まで寝るかね!?」 
って、それはそれは鼓膜破れそうなくらい喚いてくれたけど。 
それからは休日の8時くらいにきてた電話がどんどん早くなって、 
今朝はとうとう6時前。 
挨拶もろくにせずぼたもちの話。 
頭わいてるとしか思えない。 
 




そんなにご先祖大切にしたかったら、
まずはトメが埃まみれの仏壇どうにかすればいいんだけどねw
「何の話ですか?」と不機嫌な声丸出しにして言ってみた。
「お彼岸忘れるってどういうことね?」
大抵の人はお彼岸のことなんて忘れて生きてると思う。
「とにかくトメさん体内時計壊れてると思いますよ。
 っていうか本当にトメさんですか?
 はっ…! ご先祖様かなー?
 トメさんが供養しないから化けて出ちゃったのかなー?
 こんな時間の電話っておかしいもんね、あーあ…。
 ご先祖様、手を合わせるからごめんなさい。あとはトメさんに化けて出てください」
って感じの小芝居をして、ガチャ切りしました。
電話のコードを外してその後は昼過ぎまでぐっすり寝ました。
ホント、トメってイラネ (゚⊿゚)

引用元: 【宣戦】義実家にしたスカッとするDQ返し166【布告】