52: 名無しさん@HOME 2010/10/13(水) 22:34:19 0
高校時代、作ってくれるお弁当を毎日捨てていたこと。 
高二の初め頃から摂食障害になっていたのだが、お昼のお弁当を食べるのが苦痛でたまらなかった。 
友達と一緒にいるとこっそり吐けるような時間も場所もなかったし。 
母には、食べないから作らないで、と伝えたのだがそれでも毎日毎日作る。 
ある日、食べ物を捨てているという罪悪感に耐えかねて、 
「あんたの弁当食べてない。全部ゴミ箱に捨ててる。もう作らないで」 
とぶちまけた。 
母は、こっちも向かずに「明日も作るから」と言った。 

私が少しでも食べられるようにと幼稚園児のような小さいお弁当箱に 
詰められた色とりどりのおかずや小さなおにぎりは、今でも夢に見るし 
その度に胸が締め付けられる。 
私がお弁当を捨てているって言ったとき、少しだけ泣いていた母の横顔が忘れられない。 





53: 名無しさん@HOME 2010/10/14(木) 00:36:12 O
目から汁が…
これから先母ちゃんの作ったものいっぱい味わって食ってくれ、今までの分も
食いたくても食えない人も居るんだぜ。

引用元: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1269778885/