765: 名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金)12:16:12 ID:dklIvjxby
私の職場の後輩の女の子が嫉妬クズ男のせいで首吊った。女の子は死なずに生きて今は元気にしているが、当時は本当に修羅場だった。

後輩は当時24歳。クズ男は34歳。
クズ男は実家が相当の金持ちらしく、自分は働かずとも生きていけると豪語し今の今までまともに働いた事がなかった。
私たちの職場に入ったのも親の尻を叩かれたから。そんなんだから仕事スキルは後輩や私より下。
なんでも社長とクズ男の父親が友人同士だとか。だから仕事できないくせに社長から気に入られてた。

クズ男は下半身もだらしがなく、色んな女性社員にモーションかけまくり。
クズ男がブスだのデブだのと判断した女性にはゴミのように接してた。ちなみに私はデブだと判断されました。
そんな中クズ男がターゲットを後輩に定めた。
もう毎日毎日俺は金持ってる、付き合おう結婚しようとしつこかった。
しかし後輩には付き合って5年の彼氏がいて、もう結婚しようかという状態。
彼氏にプロポーズされ、その月の最終日には退職するはずだった。





766: 名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金)12:28:40 ID:dklIvjxby
後輩はクズ男にもう結婚を決めている相手がいると伝えたのだが、ふーん。と返された。
やけにあっさり引き下がったと思ったら、クズ男が彼氏の実家に電凸した。
どうやって彼氏実家の連絡先を知ったのかは不明。その電話で彼氏のご両親に変なことを吹き込んだ。
後輩が泣きながら同期の女の子に相談していたので、本当に酷い事を電話したんだと思う。
私は後輩の上司ということ意外無関係な人間なので詳しくは聞いていないが、どうやら『お宅の息子さんの彼女、僕という彼氏がいるのに二股かけてました』という内容だったらしい。
彼氏本人は後輩を信じてくれているものの、彼氏両親がクズ男の一方的なアプローチだと説明しても
後輩が色目を使ったんじゃないか、と疑っているらしい。
その上、社長が本格的にクズ男と後輩をくっつけようと身を乗り出してきた。
意図的にクズ男と後輩が一緒になる仕事を回しているのに私を含み女性社員が気づいた。
私たちが壁となって後輩を守っていたが、後輩はどんどんやつれていった。

767: 名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金)12:49:13 ID:dklIvjxby
挙句の果てに社長は、後輩の退職を取り消すとか言い出した。
ここで退職しちゃったらクズ男が可哀想だろう、実際君もクズ男に気を持たせたんだから責任とらなくちゃとか抜かしやがる。
とうとう彼氏さんが我が社に凸してきて、社長・クズ男・後輩・彼氏で話し合いを持ったのだが・・

ほかの社員はどうなっとのかな?後輩ちゃんは退職できるのかな?と心配で仕事が手につかない。
1時間くらいたって話し合いはどうもこじれたらしく、彼氏がクズ男を殴ったという情報が入ってきた。
クズ男がなんと言って彼氏さんを怒らせたかはわからないが、なんとなく想像がつく。
クズ男が駆け足で戻ってきて、「こんなDV男に後輩ちゃんはやれない!」と喚き散らしてた。
クズ男の顔はぼっこぼこ。鼻血が物凄い出てる。
程なくして彼氏さんは警察に連行され、社長・クズ男は勝利宣言。彼氏さんは前科者、後輩ちゃんと結婚する権利はないと笑ってた。
結局後輩の退職は取り消されなかった。

社長とクズ男はしっかりと訴えられました。後輩、首を吊りました。
後輩両親・ようやく事を把握した彼氏両親、釈放された彼氏が結託して動いたんだよね。
私たちにも証言の協力を求められたので快諾。
嫌がる後輩にしつこく交際を迫っていたこと、仕事終了後は同期と一緒に駅まで歩き、彼氏さんと合流して帰宅していたので浮気する隙すら無かった事、
社長の退職取り消し発言など全部暴露してやった。

そしていつのまにか社長は別の人間に代わり、クズ男は解雇。
実はクズ男、金持ちでも何でもなかった。社長と父親が友人同士というのは事実なのだが、どこにでもある一般家庭だったみたい。
後輩は無事に彼氏と結婚することができました。

768: 名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金)12:54:16 ID:FOjMrXTkF
>>767
首吊り、失敗すると後遺症で死ぬより辛い事になりやすいんだけど…後輩の子、後遺症もなく回復出来たの?
生きて誤解も解けて無事に結婚出来て何よりだけど、そこが心配だわ

769: 名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金)13:30:30 ID:dklIvjxby
>>768
後遺症なく元気でやってますよ。この騒動が起きるまでは単なる上司部下関係でしだが
騒動後、今でも仲良くしている。彼女の結婚式は本当にすばらしかった。
後輩にはもう中学生のお子さんがいて、本当に幸せそう。あんな騒動があったのが嘘のようだよ。

ちなみにその職場は新社長になった途端に業績がニョキニョキ伸びていったよ。
私は旦那の希望で専業になったから退職後の業績は不明だけど。

779: 名無しさん@おーぷん 2014/10/25(土)16:01:16 ID:dhxPrgy1l
俺は独り暮らしを始めてから料理に開眼した。
それまでは実家ではなーんもしてなかった。母が専業主婦で姉も祖母もいて
家事をする手が足りてたのと、部活ばっかやってたんで洗濯物のたたみ方も知らんかった。
しかし進学で一人暮らし開始、コンビニ弁当に早々と飽き
モヤシ炒めから始めて、炒め系に飽きて煮物系の本を買ったりなんだりで
そのうち料理が好きになり、人に食ってもらえるレベルにまでなった。

ある日家に帰ってみると、鍋いっぱいに作ったはずのおでんがなかった。
後輩たち(いつもメシ作って食わせてやってた。食費はもらってた)が勝手に食ったのかな?と思い
まあいいやあとで請求しようとその時はあんま気にしなかった。
ちなみに戸締りははっきり言っていいかげんで、鍵しめてないことも多かった。
誰でも出入りできると言って過言でない状態だった。

後日ふたたび鶏の治部煮が消えるという事件が起きた。その時はさすがに腹立って
後輩に「おまえ黙って食うんじゃねーよ。金も払え」と言った。
そしたら後輩は「オレたちじゃない」と否定。
「おでんは?治部煮は?」と聞くと「知らない、それ空き巣じゃないんですか」と言われ
やっとその可能性に思い当たって警察を呼んだ。

その夜、実家に電話して「空き巣に入られたから警察呼んだ」と言った。
母がそれを家族に報告したら、祖母がファビョって「なんで警察なんか呼ぶんだ」と自爆した。
家族のだれも知らなかったが、祖母は昼間俺がいない時間帯
タクシーでちょくちょくアパートに来て俺の部屋に出入りしてたらしい。
祖母いわく「様子見。確認」
そしていつからか部屋に料理の入った鍋やフライパンが置かれるようになった。
俺が料理なんかできないと思ってる祖母は、てっきり母が作りに来てると思ったらしい。
母が料理しに来る→俺が帰る前に捨てる→母の落ち度になる
という論法により、鍋の中身を持参のビニール袋に入れて持ち帰り、畑の堆肥にぶちこんでいたという…

それまで祖母が嫁いびりしてると知らなかった俺はビックリ。
姉は知ってた。親父も知ってたっぽい。
母は呆れてた。
俺はそれ以来戸締りをしっかりするようになり、祖母はむやみにタクシーを呼べないよう
電話帳を隠された(電話帳がないとタクシーの番号覚えてないし、携帯もないからかけられない)

おでん代と治部煮代は、なぜか父のポケットマネーから補填された。
カレーを捨てた姑が鍋でぶん殴られたという記事を見て思い出した話。

780: 名無しさん@おーぷん 2014/10/25(土)18:31:33 ID:XmfUeTxtA
>なぜか父のポケットマネーから補填された。

父親が自分の母親の嫁いびりをナァナァにしてたからだろうなー
つか孫が困っても嫁いびり優先とかロクなもんじゃないな

今までにあった修羅場を語れ【その5】 http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1410252925/